機材紹介

HPM180J(日本市場モデル)

          
ロータリー
最大有効トルク 216kN
作業速度 9-27rpm
スピンオフ速度 45-110rpm
クラウドシステム
シリンダーストローク 3300mm
引抜力 400kN
押込力 180kN
主ウインチ
最大引抜力 180kN
ライン速度 70m/分
ケーブル径 24mm
補助ウインチ
最大引抜力 100kN
ライン速度 120m/分
ケーブル径 15mm
アンダーキャリエッジ
トラック長さ 4855mm
シュー幅 600mm
全体の幅 3000mm
作業時寸法
最大直径 1800mm
高さ 11600mm
横幅 3000mm
作業重量※ 43.8トン
作業半径 3385mm~4185mm
5段25mケリーバーでの掘削深度 25m
※推定値
HPM180J(日本市場モデル)
HPM180J(日本市場モデル)
HPM180J(日本市場モデル)


1 障害撤去仕様
  ・高トルクを実現:有効トルク216kN-mと高いトルクを実現。
  ・力強い引抜力 - 主ウインチ最大引抜力180kN
   - クラウドシステムのシリンダーは通常よりも太く増強したものを採用
   - リーダーの下に油圧シリンダーフットマストを取り付ける事で引き抜く力をより発揮できます。
  ・最大掘削深度:24.8m

2 輸送重量29.5トン
  ・ケリーバーとカウンターウェイト、ロータリーを外す事で輸送重量29.5トン
  ・カウンターウェイトは自力脱着装置付き(HPM180Jタイプ)で用意に着脱できます。

3 回転機構(ロータリー)
  10段階のスピードを選べます(9~27RPM)

4 本体はCAT社の日本工場で製造されたベースマシンCAT330を日本から輸入(エンジンはユーロ4基準)し、
 フロント部をイタリアにて取り付けております。
 部材は信頼あるドイツやイタリアの部品を採用することで長期に渡りご愛用いただける様に設計製造をしております。

5 ユーザー様の施工状況に合わせ、カスタマイズの可能性を共に探ります。
  ・イタリアHPM本社と協力し、お客様の声を反映した機械を作り上げる可能性をお客様と共に追求致します。





本社住所

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町16-8
共同ビル4F